秋の夜長には

同僚よりも仕事が早く終わったので、せめて応援しようと思い背後で「ひとり寝の子守唄(加藤登紀子)」を歌唱したところ、幸運なことに一人先に上がれた美頓です、こんばんは。
ココログの不具合が漸く治りました。テキュー


「あほらしい唄」
この川べりであなたと
ビールを飲んだ だからここは好きな店
七月のきれいな晩だった
あなたの坐った椅子はあれ でも三人だった
小さな提灯がいくつもともり けむっていて
あなたは楽しい冗談をばらまいた
二人の時にはお説教ばかり
荒々しいことはなんにもしないで
でもわかるの わたしには
あなたの深いまなざしが
早くわたしの心に橋を架けて
別の誰かに架けられないうちに
わたし ためらわずに渡る
あなたのところへ
そうしたらもう後へ戻れない
跳ね橋のようにして
ゴッホの絵にあった
アルル地方のあの明るい跳ね橋!
娘は誘惑されなくちゃいけないの
それもあなたのようなひとから

「おんなのことば」茨木のり子 より
女性は皆、心のどこかにこんな想いを持っているのではないでしょうか。
茨木のり子さんと言えば「自分の感受性くらい」や「わたしが一番きれいだったとき」など日本人には珍しい「怒り」の詩人というイメージでした。
たまに詠んでガツンと頭を殴ってもらいたい、くらいの距離感だったのですが、こちらの詩集はそういった「怒れる詩」の他にも「いつも手元に置いておきたい」と思わせる瑞々しく、清々しく、時に妖しいことばとユーモアで溢れています。ことばの力を感じさせる詩集です。個人的には前述の大好きな二編の詩も入っていて、且つ文庫サイズで持ち歩けるので大満足です。

「友人」
友人に
多くを期待しなかったら
裏切られた!と叫ぶこともない
なくて もともと
一人か二人いたらば秀
十人もいたらたっぷりすぎるくらいである
たまに会って うっふっふと笑いあえたら
それで法外の喜び
遠く住み 会ったこともないのに
ちかちか瞬きあう心の通い路なども在ったりする
ひんぴと会って
くだらなさを曝け出せるのも悪くない
縛られるのは厭だが
縛るのは尚 厭だ
去らば去れ
ランボウとヴェルレーヌの友情など
忌避すべき悪例だ
ゴッホとゴーギャンのもうとましい


明朝 意あらば 琴を抱いてきたれ
でゆきたいが


老若男女おしなべて女学生なみの友情で
へんな幻影にとりつかれている
昔の友も遠く去れば知らぬ昔と異ならず


四月すかんぽの花 人ちりぢりの眺め
とは
誰のうたであったか

「おんなのことば」より

ランボオとヴェルレーヌと言えば、夫人をして「不道徳な関係」と言わしめ離婚訴訟に至ったのは有名な話で、ディカプリオがランボオを演じた「太陽と月に背いて」という題名で映画化されている。確かモザイク満載で当時の純心無垢なわたしには若干刺激が強かった記憶が。

お互いを束縛して自らのエゴを他人にぶつけることで存在を確認する、甘美な関係から逃れられぬ時間こそが「地獄の季節」だったのではないか。


嘗て楽しい時間を共に過した長い付き合いの友人であっても、互いの環境が変わって再会すると強烈な違和感―感情のブレとも言うべき、或いは些細なこと―を痛感して悲しい思いをすることがある。再会は出来ても、二度と戻らない共感出来た時間。


逆に、初対面若しくは会ったことがないのに文面や一言二言の会話で通じあう不思議。この種の人に巡り合える奇跡への感激。共感出来るか否かは付き合いの長さや深さ、人生経験や体験・環境の類似とはあまり関係ないらしい。


泡沫的とはわかっていても、その瞬間は手から零れる水のように掴むことはできないとわかっていても、だからこそ人はカメラやビデオで、或いは言葉でその感激を少しでも切り取って手元に残そうとする。
けれど、感激した「今日」は明日や明後日やずっと先に続くので、その気持を共有できるうちは友人と呼べる、のではなかろうか。


喜怒哀楽、どの感情からの出発であっても内面を徹底的に掘り下げ、普遍へと昇華されたことば達には、人の心を掴み、揺さぶり、力を与えてくれると改めて思った本との出会い。


怒りは感覚を研ぎ澄まし、憤りは目を眩ませ真実を塗りつぶす。哀しみは自己を掘り下げ、嫉妬は他を通して自らを縛る。感覚のアンテナは誰にも影響されたくない。


人、本、出来事、出会ったことや感じることにただただ感謝して日日を暮らしていけたら。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

リニューアルオープン。

CLUB 美頓」リニューアルオープン!!
通称活力門は、不具合が多いように思うので思い切って個々濾愚に引越しして来ました。
住み慣れた土地を離れ、正直不安もございます。
行き届かぬ点あるかと存じますが、何卒ご指導ご鞭撻の程宜しくお願い致します。
デザインが可愛過ぎていまひとつモノにできません・・・。
最近、心動かされたもの。
はーーー。
初めての歌舞伎鑑賞で、涙が出る程感激しましたよ。
最初の演目「熊谷陣屋」でホロリときていたら、近くから洟を啜る音が聞こえ、「うわ~スゴイ泣いちゃってるお人がいらっしゃるよォ・・・」と涙も引っ込んでいたら、隣の母でした
ラストサムライを見に行った時なんて、わたしがホロリと泣いていたら隣で泣きすぎで椅子が揺れていたよ、あの方は。
第一演目「熊谷陣屋」
中村橋之助が、勇ましい武士・熊谷役。女形のイメージが強かったが、キレのある動きといい見得を切る仕草の豪快さといい、見応えあり。今回、個人的にはこの演目が一番良かった(勘三郎は出ないけれど)。
第二演目「連獅子」
勘三郎登場。勘太郎は靭帯損傷で出られず、七之助と二人の親子獅子。狂いはたいへんな迫力。かっこいい。三人バージョンだったらもっと素晴しかっただろう・・・残念。
第三演目「人情噺文七元結」
新喜劇的な江戸噺。文七役は勘太郎の代役で七之助。女房役の扇雀が抜群に上手い。でも大貧乏で長屋暮らしという設定故、すっぴんなので顔はまるっきりおっさん。娘「お久」役の中村芝のぶは、声といい姿といい、客席もざわつくほど本物の少女のようだった。粋を愛する江戸っ子の不器用な温かさがよく伝わって、楽しい演目。
あ~~~こんなに面白いなんて!!!!
でも鑑賞料2万円ナリ・・・ご祝儀貧乏サラリーマンのわたしには中々自腹で出せる金額ではございません。
講演時間約5時間(含休憩時間)を考えると、そう高くもないかもですが。
今まで演劇は割りと好きだったのでそこそこの舞台を見てきましたが、個人的には歌舞伎が一番感動しました。
(一緒に行った方は「やっぱり劇団○季が一番」と仰っていたので、人それぞれでしょうが)
無駄を省き、表情や物言いをかなりデフォルメしてあるので、「ナマっぽさ」「リアリティ」の追求ではなく。
台詞や動きも、完全な様式美でありながら「人間にしかできない」瑞々しさや情熱を感じました。様式美だからこそ喜怒哀楽が強調されているような。
難しそうと思って敬遠していましたが、テーマがシンプルで普遍的なので、初心者でも全然問題ナシ(でもイヤフォンガイドはあった方がいいと思う)。
20代~高齢者まで、客層の幅広さに驚きました。
初歌舞伎で、ハマってしまいそうです。
わたしの歌舞伎物真似はかなり上手いらしく、祖母が爆笑しておりました。何の役にも立たない特技ですが、人を笑わせられるならば本望・・・かなぁ。
来場客の着物姿も楽しかった♪上等の長羽織なんて、普段中々見られませんもの。

| | コメント (6) | トラックバック (0)