« 2006年12月 | トップページ | 2007年3月 »

美頓的流行~コスメ編

声優陣が交代してからのドラえもんは別物だと思うことにした美頓です、こんばんは。

TSPOのアルバム発売情報キャッチ!!
勿論、即予約。待ち遠しい~

久々にコスメ感想でも。
年末に紹介したエスティローダーのコフレで、一旦コスメに対する物欲が落着いておりましたが、日進月歩に良い商品が出ております。

Layerd_03

←ワンシーズン前の商品ですが、テスティモのレイヤードインパクトアイズ03番(ベージュ系)。
シャンパンゴールド×深いグリーンの組み合わせがとっても美。
新商品(フレームインパクトアイズ)は今一つピンとこなかったので、敢えてこちら。
大人気の01ブラウン系は、色味が既に持っているルナソルのセントフォルムアイズ05(チョコレートコスモス)によく似ていると思います。ルナソルの方がラメ感や質感は上ですが、使い切ったらこちらでも代用出来るかな、と考え中。今回は折角割引率の高いテスティモですから、ちょっと冒険色です。
20070129215344

←朝メイクして、夜9時過ぎに帰ってきた時の様子。因みに昼食時間も取れなかった日なので、勿論化粧直しも全くしていません。
値段を考えると、もち・くすみにくさ共に合格です。
(下地にピエヌのスパークリングアイズBE使用)

黒髪・黒目によく合う色。
イエベ・ブルベどちらもOKだと思いますが、恐らく色白の方にはとっても映えると思います。ウラヤマシー
わたしの貧相な顔面では判り難いかも知れませんが、かなり目力向上します。
気になっている方はお試しの価値ありです。DSで割引ですし。

Pdt2902677
←エスプリークプレシャス・ルージュスタイリッシュ(スティックタイプ)
リキッドとスティックの2種類展開。
リキッドは、嘗て一世を風靡したルージュヴェルニと酷似した感触。ヴェルニは唇の皮がベロベロに剥けて妖怪フェイスに変身したのでこちらもスティックで。色はBE803を選択。ベージュピンク。
塗り心地はかなり良いです!!
ちょっと唇の上に置いてから滑らせると、滑らかにつるんと仕上がります。
しかも荒れない。わたしは、合わない口紅を塗るとすぐに皮ムケしてしまうのですが、こちらはそんな心配無用でした。寧ろ落とした後もしっとりしています。たまに違う口紅を塗ると、良さを実感する程。
但し、色出しがあまり好みではないです。
ブルベ色白の方に合う色が多かったような。
こちらのBE803も、単体だと顔色が悪く見えてしまうのでマキアージュのグロッシーグロスの赤を重ね塗りして調整しています。
色味が合う方にはおすすめ。
口紅は、藤原紀香がイメガだった頃の「エッセンスピュアルージュ」のBE148が自己ベストだったのですが、とっくに廃盤になってしまいました。以来、似た口紅を探して放浪しておりますが未だ巡り合えていません(泣)。マキアージュのスパークルステイルージュRD254(エビ色)が理想に近かったものの、乾燥気味&たまに荒れるので追加は保留中。

やっぱりコスメ道楽はやめられない!

| | コメント (0) | トラックバック (5)

節度と折り合い

今年初めての出費は、車の修理(板金・塗装)という悲惨なスタートを切った美頓です、こんばんは。
冬の棒ナスの大半が吹っ飛びました。チーン
よくあれだけぶつけたものです。
道理で、わたしが運転すると大概の人が上部のつかまり棒(名称不明)にしがみついているわけだ。

2007_004
←最近の我家の愛猫の様子です。
右:ふう(♀、横浜出身)、左:團十郎(♂、鹿児島出身)

團十郎は、推定6ヶ月にも関らず体重約4.5キロ。太りすぎじゃないでしょうか。心配です。後ろ姿が洋ナシに酷似しています。このままいくと、夏にはリアルドラエモン。飼い主に似てかなり意地汚い。

というわけで、気持ちよく日日を過すには、ある程度の節度が大切だと思う今日この頃。

〈業界用語の濫用〉
・彼氏彼女や、仲間・友人を「相方」と呼ぶ。
ジャ○ーズの関西人コンビが使う度に、強烈な違和感を感じます。ここ数年は、若者も自分の恋人や配偶者のことを指して使いますが。特に女性に対しては、かつては女郎を指す隠語だったりするので、年配の方は嫌がります。個人的に素人の芸人気取りみたいで嫌(私達って愉快なのよ、と無言のアピールをされている気がする)。

・外食して、お勘定の時に「お愛想」と言う
これも変だと思っていたのですが、やはり元々は「愛想尽かし」から来ているようです。
お土産を受け取って、贈り主に「つまらないものをありがとう」と言うのと同じような気がします。

あとはアルバイト店員が丁寧語と勘違いして「のほう」「のほう」と連発すること(例:商品のほう、こちらのほうでよろしかったでしょうか、とか、おつりのほうご確認のほうお願いいたします等)。

まあ一番気になるのは、ハンカチ王子こと斎藤選手にフィーヴァーするおばはん達でしょうか。練習場所に群がる様子をTV映像で見ただけですが、一方的な好意の押し売りは、うら若き青年にとっては困惑と恐怖でしかないと思うのですが。本当に応援しているならば、のびのびと練習させてあげればいいのに・・・。
中高生ならともかく、分別ざかりの中高年が我先にと自分の好意(と存在)を誇示して狂喜する姿はうすら寒ささえ感じます。あの方達は、ヨン様に群がる層とかなり被っているのではないでしょうか。
好きだから何をしても良いと思っているのか。
同じ人間なのに、まるで珍獣でも追い回すような騒ぎ。
ヨン様は芸能人だからともかく、斎藤選手はまだ学生なのに。

この熱狂を乗り越えて、立派に成長されることを密かにお祈りしております。
リポーターも、いい加減「ハンカチは使うんですか?」なんて聞くのやめたらいいのに。汗くらい普通に拭かせてあげてください・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

とっくにあけました2007

今夜の「エラいところに嫁いでしまった!」の仲間由紀恵の白装束姿を見て、ウーパールーパーが脳の奥底から急速に復活してしまった美頓です、こんばんは。

黒髪=日本髪が似合う、美しい人=赤い口紅が似合うというわけではないのですね。

でもドラマとしてはとても面白かった。特に「無垢だからこそ厄介」な夫役の谷原章介は自分ランキング急上昇です。顔面の穴と言う穴から水分を噴出しながらの逆ギレは最高でした。

あ。

あけましておめでとうございます。

遅すぎて言うタイミングを逃してしまいました。

これまた古い話題で恐縮ですが、新春ドラマ「白虎隊」に憤慨していたせいで更新が遅れました(嘘

仕事が忙しく、見る気もなかったのですが。
10時前に仕事から戻り、何とはなしに見てしまいました。

正直に言って、あれほどひどい歴史ドラマは近年稀ではないでしょうか。
というか「歴史モノ」に括って欲しくない。
白虎隊士の二人の肖像画、あれはない。
カツーンの坊主の人の眉毛、あれで侍はない。
会津の殿様役のヒガシは蝋人形にしか見えない。
殿様の描写がお粗末すぎて、バカ殿にしか見えない。
とか、もう色々つっこみどころがありすぎましたが、それより何より。

何だ、あの西郷隆盛は。あの安っぽい偽善的演出は。
会津の方々もあのような歯の浮く持ち上げれられ方、嬉しくも何ともないのでは。

わたくし、歴史マニアでもなんでもなく、というか寧ろ相当疎い方ではありますが、それでも西郷南州遺訓を愛読し、手帳には気に入った文言を書き留め、年表を見ただけで涙するれっきとした鹿児島人。

「新しい西郷像」と言うには余りにもお粗末。
最も西郷隆盛とは遠い(と思われる)策士、卑怯者的な描かれ方。
確かに会津藩側から見た薩長は敵だったのでしょうが、それはどちらにも異なる主張があったからこそ。人格的に貶めるような描かれ方はどうも納得できません。
あの程度の描写ならば、実在人物の名を出すべきではなかったし、その必要もなかったと思います。
薬師丸ひろ子も山Pも、良い演技をしたのに。
親子の情愛や「生きること」に焦点を絞れば、それなりに良いドラマにはなったのでしょうが・・・。
「おうちがわからな~い」とカボチャ袴で泣いていた男の子だけ、もう一度見たい。

翌日、ネットでニュースを見ていて「テレ朝に抗議殺到」の文字を探したものの見当たらず。個人的にはOZMAの演出よりも数段ひどいと思ったのですが。

「ピューと吹くジャガー 第5巻」より
2006_010_5
←紅白の美川憲一って、こんな感じじゃなかったですか?

| | コメント (3) | トラックバック (2)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年3月 »