« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

嫌われ松子の一生

「キモ」ってつければ、素直に他人を褒められると思う今日この頃の美頓です、こんばんは。
キモカワ。
キモカッコイイ。
キモ面白い。
キモ誠実。
キモ優しい。
・・・結局キモいってことですよね?
職場のかわいい後輩N山くんを、愛情込めて「キモ山くん」って呼んでたら、悩んで不眠症気味になったらしいです。
いくら後輩とはいえ、成人男性に「かわいい」って言うのも失礼かと思って、「キモかわいい」って言ったのも要因らしいですが。
「良い意味で」ってつけたら、何でも言っていいと思っていたあの頃を思い出しました。
個人的2006年度邦画ナンバーワンです。勿論DVD予約購入。
怪作。
原作ファンなので、ミュージカル仕立てと聞いて期待と不安が入り混じって鑑賞しましたが。


※以下、ネタバレありです。
中谷美紀の変顔、歌声、演技、思い込みの激しさ、全てが完璧に松子でした。
名前しかしらなかった伊勢谷友介に萌え死ぬところでした。
黒沢あすかの女っぷりとうなじに惚れました(ルックスライクナメック星ヘアー)。
市川実日子のいじらしさに泣きました。
音楽にしびれました。
塀の中の、AIの歌唱シーンは「シカゴ」を彷彿とさせる迫力。
極彩色の「悪趣味になりそうなギリギリの線でのメルヘン仕立て」が最高にポップで、本筋は悲惨にも関らず明るい印象の映像、だからこそ際立つ悲しさ。
松子は、魅力的にも関らず駆け引きとは無縁の女性。岐路に立たされたとき、肝心なところで最悪の選択をしてしまう。
「本命男性を振り向かせるには」マニュアル全て無視。
・とにかく自分を理解して欲しいと、会ってすぐに全てを曝け出してしまう。
・相手が引いても押しまくり、尽くしまくり。
・男性に認められないと生を実感できない。
・男性の言うことに盲目的に従ってしまう。
鼻血を流しながら「殴られても殺されても、一人よりはまし」と自らに言い聞かせ、「ただいま」と言う場所を探し続けて辿りつけなかった人生。

彼女が男性に求めたのは、求めても決して手に入らなかった(と彼女は思っている)父親の愛情だったのかも知れません(母親は殆ど印象にない)。

松子を大好きだった妹。
心から信頼してくれた友人。
表には出さずとも愛してくれた父親。
松子をほんとうに想ってくれる、どんな時も差し出されていた手に気付いていれば、もう少し違う人生だったかも知れません。「好きに生きて、これで彼女は幸せだった」と思うには残酷すぎる。

けれど「これで人生が終わった」と思いながらも何度も復活する、そのエネルギーこそが 松子の魅力だったように思います。
人生は一度きりだけれど、そういった意味で彼女はいくつもの人生を生きた。わたしは何となくアニメの「千年女優」を思い出しました。

53年間の松子の人生を、「省略」ではなく「凝縮」した本作は、爆発的なパワーを秘めており、人生、恋、友人、家族、受け手によって異なる角度を見せる作品だと思います。
また、チョイ役で次々出てくる著名人探しもとても楽しめます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

美頓トラベルにごあんない~狩人編

「夢のチョコレート工場」に感激したのも束の間、延滞に気付かず無駄に千円払って辛い現実に引き戻された美頓です、こんばんは。
職場検診の採血で貧血により気を失いかけました。

このストレスを癒すべく、終了後に曽木の滝へ紅葉狩りにGO!!!
約2時間のドライブでへとへとになり、何の為の休日か疑問を感じつつ降車。

会社のドライブマニアNさんをして、「紅葉県内一」と言わしめるのも納得の絶景。
2006_022_1





天然のレッドカーペットの上で、にわかセレ部気分。
2006_027_1





秋味満点の、アコーディオンでも聴きたくなるようなセンチメンタル街道。
2006_026





紅葉を透かして「東洋のナイアガラ」を見る贅沢。
2006_035





最後に、年齢も考えずにブランコではしゃぐハゲ親父の臀部でもどうぞ。
2006_041


| | コメント (2) | トラックバック (1)

魅力的な瞬間

最近、独身女子のヒエラルキーの頂点に君臨するのはバリバリのキャリアウーマンでもエビチャンOLでもなく、「富裕層のカジテツ」ではないかと思い込みそうな美頓です、こんばんは。
・他人に頭を下げる必要がない(=どこへ行ってもお客様)
・嫌いな人と付き合う必要が無い
・自分のためだけに時間を使える

・・・天国。

ま、わたくし例え親でも他人に依存して生きることが出来ない損な性分ですので、今と大差ない人生を選んだろうとは思いますが。ダンゴムシのようにあくせく這いつくばって、空を見る余裕も忘れかけている日日・・・気付いたら適齢期の意味も忘れかけています(虚)。

ところで、先日知人のYさんへ装飾品をお送りした時のこと。
受取ったYさんから「早速送ってくれたんだね。ありがとう。妻もとても感激しています」のお礼メールが。
このYさん、年代はわたしより少し上、長身の超イケメン。いかにももてそうなタイプ。
その彼から出た、何気ない「妻」という言葉にはっとしました。

以前、水商売をしていた友人がこんなことを言っていました。
「嫌だなと思う男の人はね、醜男でもチビでもデブでもないの。こういう(女の子のいる)お店に来て、結婚指輪を外す人。跡が残ってるからわかるのにね。あの浅ましさが大嫌い」
こういう方、合コンでもいますよね。

このYさん、「格好良くていかにももてそうなのに愛妻家」。完璧です。もてる筈です。

最近、男性を魅力的に思うポイントは顔や身長等のルックスではなくて、「自分が選んだものを堂々と言えること」だと思います。自分の仕事に一生懸命取り組む。自分の選んだ女性を大切にする。とても素敵なことです。

女性の場合は・・・、最近「ゴシカ」というハル・ベリー主演のDVDを見ました。
人気女優のホラーということで、大変失礼ながらうとうと寝るために借りたもの。
それが、案外面白くて最後まで引き込まれてしまいました。オカルト風味のサスペンスというか。超常現象も効果的に使ってあって、きちんと作られた脚本だと思います。鈴木京香の「39」でもそうでしたが、美人女優のスッピン顔には作品を軽々しく見せない力があると思いました。わたしのすっぴんは放送コードに引っかかりますが。
ところが、がっくりきたのはハル・ベリーの歩き方。
彼女はスタイルが良いので体に沿ったタイトスカート等を着ているのですが、歩き方がものすごいガニ股。いくら美人で脚本が良くても、そこばかり気になってしまいました。
女性は、膝の付かない歩き方は美しくない。
特に女性は歩き方に、人生や生き方、価値観が表れるような気がします。
道行く女性も、いくらスタイルが良くてお洒落をしていても、歩き方がルーズでは台無しです。

わたしは、自分の選んできたものに、進んできた道に、誇りを持てるだろうか。魅力的な姿勢で歩けているだろうか。思わず、自分を省みてしまった一日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

徒然なるままに

体重が3キロ増量し、一週間ハリボ禁止発令中の美頓です、こんばんは。
つらいです・・・。
今日は憂さ晴らしに楽天でハリボやトローリグミを買い漁りました。

最近、気になったこと。

お塩テンテイがヤダ女史と入籍・・・!!
これは驚きました。
テンテイは最近二股疑惑を報道されたばかり。
お二人の記者会見が楽しみです。是非生コメントを発表して頂きたい。中指立てながら。
ファッキンコングラチュレーション!!!

イビョンホン、違法行為。
これは2ちゃんの「痛いニュース」に取り上げられてしまわないか心配です。
素直にインタビューで語ったことから明るみに出た事実。まぬk・・・ゲフンゲフン、ビョンホンシーのタクシーに乗った人、羨ましすぎ。あのバリトンボイスで「カムサハムニダ(これしか韓国語知らない)」なんて言われた日には、全身から血を吹き出して2、3人溺死させると思います。その前にわたしが出血多量で死にますね、多分。

最近見たDVD。
乱歩地獄
浅野忠信ファンにはたまらない程、浅野づくし。
冒頭で素っ裸で暴れまわるシーンでは、浅野さんの俳優根性は勿論ですが、放映禁止部分をうまく隠す映像テクニックに脱帽しました。
映画自体はオサレで綺麗なのですが、子供の頃からの乱歩ファンとしては今一つでした。
「芋虫」の松田龍平は、持って回った感じがしてうまく使えていないし、浅野氏演じる明智小五郎もドライ過ぎると思う。
成宮寛貴のSMシーンと、カネコアツシの監督作品は非常に良かったです。

SAW2
SAW1が面白かったので。
とにかく痛い。
内容は面白いと思うのですが・・・。
1作目が当った映画の、続編にありがちな駄作ではないです。
ただものすごく痛いし、救われない。
最後まで引き込む力はある作品。

あとは忙しくて見ずに返却してしまいました・・・(悔)。
現在、「嫌われ松子の一生」予約中です。数年前、職場の先輩と原作にハマった上にY中さんがご出演なんだもの!!楽しみです。

鹿児島も秋が深まり、最近は専らBGM「登紀子情歌」。
DISC1の17曲目「夢幻」が大好き。アコーヌ・ディオンとヴァイオリンヌの哀愁が最高です。あとは8曲目「この空を飛べたら」14曲目「一羽の鳥」19曲目「今があしたと出逢う時」辺りをヘビロテ中です。次は何のCDを購入しようか検討中。
アナログ人間なので、CD派です。



| | コメント (0) | トラックバック (1)

海の幸と不幸

最近、mixi日記にどっぷり浸かっていた美頓です、ただいま帰りました。
日記とブロ愚の二本立てで、気分だけは売れっ子作家。

誰も待ってないですけどね。

というわけで、こちらでは写真モノ中心でいってみようと思います。
mixiは、プレミアム会員じゃないから写真が3枚までしかUPできないのです。貧乏人には辛いところです。

ところで、携帯機種変したばかりなのに、もう次に目がいってしまうヲトメ心。
M702ISのことで頭がいっぱいの今日この頃です。

700シリーズはカメラ機能が弱くて二の足を踏んでいましたが、デジ亀を手に入れた現在は最早何を選ぼうが自由!!
あーーーー変えたい。舶来物に弱いから。
でも、次の棒ナスはきっとぶつけた車の修理費に吹っ飛ぶと思われます(涙


さて、先日、法事で母の実家(鹿児島県のいちき串木野市)に帰ったときのこと。
我家は親戚が多く、近しい血族だけでも50人以上が集まります(何せ母の兄弟だけでも6人いる)。

昼間は外で会食、夜は本宅に集合。活魚を沢山いただいたので、早速母が捌こう・・・と・・・(わたしは下処理&焼き係)

2006_004

でっかいッ!!!!












タチウオ、ここまでいくと日本語喋りそうです。


暫くすると、隣で捌いていた母が「ギャー!!!怖い!!!(楳図かずお風に)」と。

わたし「なに?!」
母「ななななんか出てる・・・」
※ここから先は、グロがダメな方はご遠慮ください。




いいですか?





2006_006_1

ほんとだ!!なんか出てる!!!



更に捜索してみると・・・

2006_008

ひィーーーアジーーーー



立派なアジが真っ二つで入ってました。
しかもタチウオ的にも獲物が大きすぎたのか、腹皮が裂けていました

どうやら、腹に収めた獲物が大きすぎて身動きとれないところを捕えられたウッカリサソらしいです。
直ぐに一族を呼び集め、報告。
「いのちを繋ぐってのは、こういうことなんだぞ。」と子供達に尤もらしく言っていた叔父は、叔母から「そうよね、やっぱり勿体無いわよね」と、危うくこのアジを食べさせられそうになっていました。
殆ど未消化とはいえ、これは食べたくない・・・

2006_010_3

他には、こんなに立派なイトヨリ。身が柔らかいので、処理には注意が必要。こちらはお味噌汁に。


これレベルのタチウオ4匹、イトヨリ6匹って・・・頂いたのは有難かったけれど、料理するのも大変でした。叔母達と女性四人で割烹着姿で頑張りました。
2006_009_2

先程のタチウオ。やっぱり活魚は「軽く塩焼き」が一番美味しい♪



港町ならではの味覚を満喫した法事なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

美頓的流行

沢尻エリカが、お塩テンテイ亡き後急激に次世代DQN最有力候補にのしあがってきていると感じる今日この頃。テンテイが去ってから今一つ刺激に欠ける生活でしたので、若手ソルティの担い手の成長は喜ばしい限りです。

自分トレンディのご紹介。

漸くデトロイトメタルシティを入手して、毎晩寝る前に読んでいます。
今回(第二巻)の見所は
・西田照道のトレーナー(敢えてスエットとは呼ばない)のデザイン
・ヒプホプを「笑えないダジャレ」と切り捨てるクラウザー様
・クラウザーⅡ世、映画出演
・奥義悪魔玉出現
若干稚拙さの残る絵柄を侮って、うっかり立ち読みすると危険です。あと、帰りの電車で読むのもオススメしません。

鹿児島は未だ昼間はクーラーをつけている南国ですが、とは言え季節柄多少おセンチになったり人肌恋しくなったり。それでも全く恋の予感すらない可哀想な適齢ギリギリ人ですが。
朝晩の涼しさと虫の音に秋を感じつつ、車のBGMもアゲアゲではなくちょっとムーディな音楽を聴きたい気分。
「Ella in berlin」
ジャズが好きで、未だ聴いていない方は損してますYO!!
ハスキーボイスが最高にチャーミング、しかも声質が変幻自在で全く飽きません。わたしは16曲目の「Mack the knife」が目当てで買ったのですが、ベルリンでのライブアルバムとの事で会場の熱気、そしてellaが本当に歌が大好きで、心から楽しんでいる様子が伝わってくる、最高にかっこよくて、しかも幸せな気分になれるアルバムです。


Pdt2898875_1

←エスティローダー「メークアップコレクション2006




余りにも気に入りすぎて、プレゼントにも選んでしまいました。
【内容】

・デラックス アイシャドウ コンパクト
・デラックス フェース コンパクト
・ピュア カラー リップスティック(2色)
・ピュア カラー クリスタル シアー リップスティック(2色)
・ピュア カラー グロス(2色)
・アーティスト リップ ペンシル(1色)
・アーティスト アイ ペンシル(1色)
・マグナスコピック(1色)
・ピュア カラー ネイル エナメル(1色)
・メークアップ ブラシ(4本)
・デラックス トレイン ケース
・コスメティック ケース
これだけ付いて、¥12,600。エスティは興味がありながらスルーしていたので、このお値段で一通り揃うこちらは大満足です。色も日本人に使いやすそうなものばかりで、ハズレなしだと思います。華やかなコフレ、というよりは実用向きなのも好き。
これからクリスマス商戦に向けて、またまた化粧品(キットセット系)への大量投資が始まりそうな予感・・・。だって季節限定のセットなんて、購買意欲をかきたてられるじゃないですか。お買い得(に見える)ですし。ねだる相手がいないので、当然自己投資です(哀)。

気温が下がるにつれて、「今年も残念なクリスマスになりそうだ」との予感が確信に変わっていく美頓でした。
うわっ!!もじょ子(フェレット)が粗相した!!!

ゴートゥ DMC!!!

| | コメント (3) | トラックバック (1)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »