« 美について語る~スキンケア編 | トップページ | ブランニュー自分 »

時の流れに身を任せっきりは危険

英語アレルギー気味の美頓です、こんばんは。
もうね、英語がペラペラだとかTOEIC○○○点だとか、それ以前にきちんとした日本語でしょう、って話ですよ。
「日本語テスト」で確認してくださいよ。
なんと辛うじて100点でした!!!偉いでしょ!!!うふふ。ヤマカンですけどね!!
でも、そこそこ国語が得意でも糞の役にも立たない(評価されない)、ということを社会に出たら嫌という程目の当たりにしました。レポートや報告書をアドバイスしたり、代筆したり、校正したり、電話応対したりするくらいが関の山。勿論手当なんか出ませんよ。
もう少し、母国語が多少なりともまともに出来るということは評価されても良いのではないでしょうか。周囲に、50歳を過ぎてもまともな敬語尊敬語謙譲語が使えない方がざらにいらっしゃいます。あの老いぼれ猿どもベテランの方々がわたしより余程高い給料を搾取しているのですよね。
でも、どちらもダメ<どちらかは出来る<バイリンガル、という方が将来の市場価格は上がるでしょうね。というか、海外旅行に好き勝手行けたり、何かやらかしちゃったら海外逃亡っていう手もあるぜ!!と思えば、断然世界が広がって楽しそうです。
そもそも英会話がダメ、というコンプレックスともお別れできますし。
という訳でやっぱりあたい、英語が話せるようになりたいです。
タンスの角に小指ぶつけて、「アウチ!!!」とか、
ペンを落として「ウープス!!!」とか、
カメラに追い回されて「ファック!!!」とか、
電車を逃して「シィィット!!!」とか、
男子を罵るのに「マザーファッカァァア!!!」とか、
うっかり口から出るようになったり、
マナー無視でどこでもタバコを吸ったり、
初対面で抱き合ったり、
初対面で当然の如くファーストネーム呼び捨てしたり、
気の利いたアメリカンジョークを飛ばしたり、
出会ったその日に恋に落ちてみたり、しかもその日のうちにベッドインしてみたり、
彼氏の名前が「スティーヴン」だったり、
靴のまま部屋に上がろうとして注意されたり、
お風呂のあとお湯を全捨てして注意されたり、
野球のことを「ベィスボオォ」と言ったり、
映画館で字幕より先にわざと笑い声を立てたり、
やたらに肩をすくめたり、
相槌が「あ~はン?」「ん~ふん」(むかつく)だったり。
そんなオサレなばいりんぎゃるに、わたしはなりたい。ウソですけど。
ガイジンで思い出しましたが、かつての天才子役オスメント君の変貌ぶりには些かショックを受けました。
醜い時の流れとは残酷ですね・・・。テーボラソの彼のときも同じような思いを噛み締めましたが。
とりあえず昨日ユォロップから帰ってきたcaoriに、来年辺り北欧旅行に連れていってもらう約束を取り付けたので頑張って生きていこうと思います。ついでに少しは英会話の練習も積もうと思います。caoriを怒らせると怖いから。
昨日の会話で、「どうする・・・白人男子に難破されたら!!!!」なんていう妄言で盛り上がりましたが、思い返せば1993年の夏も同じことを言っていました。
その夏はclassの「夏の日の1993」がとても流行っていて、わたしたちは初めて子供だけでの旅行が許されて大阪のcaoriの親戚を尋ねることになりました。
caoriは昔から「旅行前に遺書を書いて机に残していく」という大層気持の悪い癖を持った子供で、当然わたしも一緒に書かされたりしながら順調に出発の日を迎えた訳ですが、我々のある意味一番の感心事といえば、「初めて大都会に行く先に待ち受けているであろう甘やかな誘惑」つまり「難破されたらどうしよう?!」でありました。
幸い、通り行く男性は我々に一切の関心を向けることもなく無事に乙女のまま帰路につくことが出来たことは言うまでもありません。
当時の写真を見ると、豚と狸と猿が三頭仲良く写っており、こやつらに興味を抱く殿方がいたとしたらそれはそれで非常に危険な目に遭ったであろうけれど基本的には絶対安全ゾーンであり、あつかましい心配をしたかつての我々が愛おしくて仕方ないエピソードであります。
あれから十数年・・・巡り巡って同じ会話をする我々、また出発前には遺書を書かされるのでしょうか。

|

« 美について語る~スキンケア編 | トップページ | ブランニュー自分 »

コメント

その遺書、ちょっと読んでみたい気がする・・・。あなた方、なーんか、かなりどうでもいいことを真剣に書いていそうな気がする・・・。
面白そうだ・・・。
めっちゃ読んでみたい。 
北欧行く時は、念のため、コピーを俺に渡しとくってのどう?

投稿: ダポー | 2006年8月19日 (土) 21時04分

ダポー
内容は忘れたけど、真剣に書いたと思う。
「恥ずかしい書き物類(漫画家志望キモヲタ腐女子だった為)は見ないで焼いてください」的なことだった気がする。caoriが書けと言ったら書くと思うので、こっそり送ります、メールで。転送したら地獄の果てまで憑いていっちゃうゾ☆

投稿: 美頓 | 2006年8月19日 (土) 21時53分

私は長い海外往復生活の中、毎回飛行機に乗る度に『般若心経』を唱えておりました。
あんな鉄の塊は信用ならん!といいつつ、非科学的方法により安堵感を得ようとしてる私は、もっと情けない・・・

海外旅行行きて~~

投稿: ELM | 2006年8月19日 (土) 22時35分

ぷぷ~っ。あのお風呂の後に全部お湯抜かれたのはきつかったね~。掃除までしてあったし。実はあの後にうちにはない大きなお風呂に入るの楽しみにしてたんだよね(^^)

投稿: tomoko | 2006年8月19日 (土) 22時40分

ファッッキン美頓!!!

投稿: caori | 2006年8月20日 (日) 00時30分

日本語テストやってみた。
57点でした。。。
美頓さん、すごいね!!

投稿: BOSS | 2006年8月20日 (日) 02時07分

caori
いいねぇ~ばいりんぎゃるぽくて!!
わたしも英語上手くなってファッキンファッキン会話の端々に紛れ込ませたいです(笑)。ハリボもうなくなった。

BOSSさま
本当にヤマカンです。回答を見ても「そんなの知る訳無いでしょ!!」と突っ込みたくなる問題もありました・・・
英語を話せることが、そんなに偉いの?!と問いたかったのですが、少なくとも鹿児島弁しか話せないわたしよりは偉いですよね、すみません。

投稿: 美頓 | 2006年8月20日 (日) 12時04分

ELM
ぷりーずてぃーちみーいんぐりっしゅかんばせいしょん。
英会話教えてクダサイ!!!ワーホリに行きたいけど一年も休職できません!!!
今度エギリス連れてって~

tomoko
あれは、「期待を裏切らぬ外人ぶり」に寧ろ彼のサービス精神を見たね・・・。
あの先生とわたしの英語スキルは凡そ同レベルなので仲良く出来ました~
あの方のメールはドイツ語7:英語3くらいですから。

投稿: 美頓 | 2006年8月20日 (日) 12時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/123837/3122440

この記事へのトラックバック一覧です: 時の流れに身を任せっきりは危険:

« 美について語る~スキンケア編 | トップページ | ブランニュー自分 »