« 美青年とピスタチオ | トップページ | ラテンに恋して »

夏のしっぽ

今日の鹿児島は外気温36℃(車の外気温計調べ)。

体温です。

かかる炎天下にわざわざ外出する道理もなかろうとは思うのですが、如何せん社会人ですからそんなわけにも参りません。未だ蝉の襲来がないだけましと思いましょう。

2006_018 我家のネコもすっかりやる気をなくしてこの通り。

あ、そう言えばこのワンピースわたしのかつての一張羅なのですが・・・。

我家ではこうして一張羅が「肌触りが良さそう」との由でさらわれ、母の部屋着若しくは寝巻きへと進化を遂げます。

2006_015 車もオニヤンマに占拠されていました。

わざわざかような鉄板の上で休息するとは、流石見上げた根性と思わず感心してしまいました。

伊達に「オニ」の称号を掲げていないですね。

ところで、BOSSさまよりバトンが回ってきましたので、クソ暑さに思考能力が著しく落ちている今日には最適と早速飛びつかせて頂きます。

一つ目のバトンは以前受取ったもの(3月4日分)と重複しますので一部。

■回してくれた方の印象

お会いしたことはないので推測ですが・・・細やかで優しい方、面倒見が良い、少年ぽい、という印象です。かなり目上の方なのですが、遣り取りさせて頂く中でこちらが全くそれを意識しないので(失礼があったらごめんなさい)。

二つ目~

■告白する

中学の時に一度。あとは小心者なのでありません。

■告白される

あります。

■同性に告白される

ないですね。同性とは例え冗談でも手を繋ぐのも寄りかかられるのも嫌です。はっきり「アタシの肩に女は預けないわ?!」と拒否します。よってそのテの方に誤解されることはないと思います。

■片思いで告白して振られる

既述の通り小心者ですから。告白も儘なりません。すみません。

■付き合っていて振られる

ありません。きっと皆様気を使って、わたしから振る、という形にもっていってくださったものと感謝しています。テキュー!!!

■ラブレターを貰う

あります。殆どがお付き合いしている最中ですね。中々会えない時や誕生日の時など、たった一言でもとても嬉しかったような。メールや電話より手紙が好きです。

■ラブレターを書く

あります。上記の返信など。しかも果たし状形式の縦・墨書き等、バリエーションを付けて楽しんでいました。一般的に想像されるラブレターとは遠かった気がしますが。

■芸能人に恋

今だから言いますが・・・中学1年~3年はB'Zの稲葉浩志、高校一年の時はGLAYのTERUが本気で好きでした。ライブで来た時なんて、夜中まで機材用トラックに張り付くなどの奇行が目立ちました。

■キス

あります。(だんだん胃袋が痒くなってきました)

■駅のホームでキス

19やハタチの頃は、気持だけは海外セレヴでしたからね。あの頃の映像を客観的に見せられたら自殺すると思います。

■公園でキス

それは(そこまでは)普通では??

■人前のキス

あまり人目は気にしません。

■恋人と手をつないで歩く

ある意味キスより恥ずかしいです。間違いなく手の平が汗ばんでいます。そして其の事に気を取られてデートどころではありますまい。

■恋人とのプリクラをどこかに貼って過ごす

まず、二人でプリクラを撮りに行くことがないと思われます。

■話したこともない人を好きになる

ありません。あったら妄想族酋長ではないでしょうか。

■年上が好き

年齢によるボーダーは引かない主義です。

■年下が好き

同上

■外見重視

ある程度のパッケージデザインでなければ興味が沸かないことも事実です。でも基準がマニアックなので世間的な「メンクイ」とは全く意味が違うように思われます。

■最近結婚を意識

2年前に結婚してもいいかな、と思わず決断しかけました。危ない危ない(どっちが)。

■子供を産んだ

未体験ですが欲しいとは思います。外人の子を見る度に「あんな子なら産んでやってもいい、例え成長してバタ臭い顔になろうとも」と思いますが、そんな望みを持つうちは無理でしょうね。

■ダメな人を好きになりやすい

ありません。でも憂いのある人は好き。

■好きな人と温泉

好きな人としか行かないと思いますが。

■恋人と「結婚しようね」と約束する

「結婚」と言われると逃げたくなります。それだけ、真剣に考えられる人と出会っていないからかも。

■恋人とのメールは欠かさず

嬉しいけど、義務みたいになるのは嫌ですね。嬉しいことや楽しいことがあったときに「伝えたい」と相手の顔が浮かべば充分ではないでしょうか。

■嫉妬深い

顔には出ないらしいですが、負けず嫌いなので相当気にするでしょうね。

■二股以上した

あります。でも、後から考えるとそういう時は「どちらも好き」なようでいて「どちらもそんなに好きではない」ことが判りましたので同じ轍は踏まない、かも知れない。多分。

二股以上する時の理由、「相手の気持よりも自分が心地よく過す方が大事」でした。結局あまり楽しくもなかったような。

■実家に恋人を連れて行く

あります。

■好きでもない人と付き合っていた

ありません。

■ファンがいた

バイト先や前の職場で、「ファンです」と仰ってくださる奇特な方はいらっしゃいましたね。但し殆どが50歳以上の既婚男性だったので・・・。

・・・。

■バレンタインにチョコをあげる

実はチョコをあげたことは一度もありません。ここまで来ると意地です。

食事をフルコースで作ったり、服や小物等をプレゼントしたり自分なりに趣向を凝らしていたような記憶が(遠い)。

■バレンタインにチョコを貰う

お菓子作りの得意な子に貰ったり後輩の女子に貰ったりしていました。豚のように貪り食っていました。そこらの男子より喜んだと思います。

■恋人色に自分を染める

ありません。でも良い付き合いをしていれば「キレイになった」と言われるし、逆であれば「太った」「不細工になった」と言われるので影響は受けるんでしょうね。

■恋人との携帯はお揃いが基本

気にしません。

男性の方がこういったことにこだわるタイプが多いように思います。

■好きな人が居る

常に5~6人いてもおかしくない。

■恋人の親と食事

割と平気です。

■忘れられない人

良くも悪くもいます。

■友達の恋人を奪う

本気で好きだったら奪いますね。多分。

■恋は活力

しないよりはした方が良かろう、というくらいです。

最近の「恋愛至上主義」はあまり共感出来ませんね。

■お姫さまだっこ

好きです(即答)。

■ビックリプレゼント

贈り物はサプライズが好き。

「ビックリ」もプレゼントの一部だと思います。

ヒトシくん人形3個分くらいは一気に点数が上がりますね。

おわり~

案外長かったですね。

お付き合いありがとうございました。

恋愛系のバトンだと、殆どが「過去形」になる自分にゲンナリしました。

ファイト!!!!

|

« 美青年とピスタチオ | トップページ | ラテンに恋して »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/123837/2644850

この記事へのトラックバック一覧です: 夏のしっぽ:

« 美青年とピスタチオ | トップページ | ラテンに恋して »