« デラシネの帰還 | トップページ | 夏のしっぽ »

美青年とピスタチオ

一日の思考力の7割以上を携帯機種変更に費やしている今日この頃の美頓です。

N902P902の機能性はかなり満足できそう。海外で使えるし(滅多に行かないけど)。

N702のデザインも良い。

あぁ~でも、本命は断然SO902SOWP(防水仕様)も「お風呂でステキアプリライフ」を考えるとたまらない。しかし画素数が半分以下。「荷物は最小で」がポリシー故、デジカメより一台二役の携帯の方が使い勝手がいい。

色はどうしよう。やはり白か。しかしブルー×ブラウンの質感も予想以上の仕上り。車と合わせて赤という手もある。

さて、そろそろドコモの友人に連絡しようかしら。

しかし彼には「一年に一度やってくる携帯機種変したい病」の時にしか連絡しないので気が引けるような。これは結婚祝いの一つも持っていかねばならぬ。子供も生まれたそうなので、出産祝いがいいのか。

どちらにせよ勿論、お祝いは「祝いの赤」でよろしく(宣伝)。おいさん、芋が苦手でもいけますよ。まろやかですよ。そりゃもうこの味に負けないくらいまろやか穏やかな性格にお育ちのこと間違いない、この美頓さんが保証してあげます。けっこう毛だらけネコ灰だらけ、お尻の周りはク○だらけ、ってね。

イケナイ、あたしったらまた脱線してしまいましたわね。

昨日、母と夕食の買出しに行った時のこと。

来客の為、大量の食材を抱えてレジへ向かうと、中途半端に遅い時間帯であったにも関らず各レジに数組の客が。

こんな時はより萌え度の高い方へ。

レジ内には中年紳士と老年女性、そして21~22歳の長身よかにせが(鹿児島弁でイケメソ=よかにせ)。

そりゃぁ勿論よかにせですよ。おほほ。うふふ。ぐへへ。ククク・・・

レジを打つ手際も鮮やか、身長186センチ(推定)の爽やかよかにせさん。いかん、頬が緩んで不気味度が増しているぞ美頓。

そして我々の番。

・・・ん?

何か効率悪くないか美青年??

あれ、なんか適当に袋詰めしてない?!

見かねた母が「すみません袋頂けます?」と自分で詰め始める始末。

そう言われても「えぇ・・・?あ、はい」といかにも愚鈍。

この時点で、こやつに「よか」にせ等と持ち上げる必要性はなくなった。

いや、かようなキャパ狭量若造なんぞ「ニセ」で充分だ(ニセは漢字で青二才の二才)。

そこで何故か「このピスタチオ、おいくらかしら?」と尋ねる母。

何故購入してから聞く。

その不思議に迫り、様々に彼女の思考回路を予測していたわたし。

ところがこの俄かイケメソ、

「はぁ?・・・ピスタチオって何のことですかぁ?」

と吐かしやがったのである。

このたわけが。

いや、百歩譲って「ピスタチオを知らない」のは許そう。それは仕方がない。

しかし、見たところ今日明日入ってきた新人でもあるまいし、バイト先とはいえ勤務先の商品に何の興味も持たない知的好奇心の欠落、向上心の欠片もなき阿呆二才。

だいたい、あのヒロシでさえ「ピスタチオを食べていたらモテる」と思って殻のまま食し続けた程の探究心の持ち主だ。ヒロシの爪の垢でも煎じて飲むがいい。

若くて美形でも、気付きのない、好奇心のない、やる気のない死んだ魚野郎のことだから、周囲が就職内定を貰って喜ぶのを尻目に「オレの素晴らしさを判らない俄か会社なぞこちらからお断りだぜ」と嘯きながら何の努力もせずに街を無目的にぶらつくうちに愚連隊どもとつるむようになり、当然愚連隊の中でもトップになれず、じきに顎で使われる立場に嫌気がさして除隊。しかしその後も当然まともな職にはありつけず、ある日突然ギターも弾いたことがないのに「オレはやっぱ音楽で生きていくぜ」と言い出し、「馬鹿と天才は紙一重というが、あいつはやはりあっちサイドだぜ」と一族郎党から総スカン。親の脛も齧れなくなったので仕方なく始めたコンビニのバイトも、「学生時代にスーパーでバイトしてました」という経験を買われたものの新しいシステムに付いていけず、満足にレジも打てないので使い走りにしかならぬ。そしてある日、年下の店長からぞんざいな口を利かれたことに腹を立て、店長を殴って焦りの余り盗んだバイクで走り出し、指名手配。

小心者故の大胆な犯行であったにも関らず「やはりこの小せぇ国はオレには合わねぇぜ。本当の自分を探すんだ」と自己弁解の末、夢の国亜米利加へ。しかしかかるうすのろ馬鹿に現実は厳しく、亜米利加人に「自分探しに来たぜ」と打ち明けたところ指をさして爆笑しながら鏡を差し出される始末。しかし客観性のなさ故「オレって外人と打ち解けてる」と馬鹿馬鹿しい悦に入り、あれよあれよといいようにクスリ漬け。尻の毛まで抜かれた挙句に路上に廃棄されているのを大使館に保護され、母国へ戻るものの精神的にも肉体的にも極限状態の為、報道陣に向かって中指を立てながら「ファッキンライト!!!」と絶叫、日本国民の失笑を買う。目下、自分(記憶)探しの為強制入院中。

ここまで考えたところで、やっと会計。

ま、それくらい気付きのない人間の末路は哀れ、ってことで。

|

« デラシネの帰還 | トップページ | 夏のしっぽ »

コメント

ピスタチオ男の人生ここで語り尽くされる(笑)

男は顔がよいだけなら観賞物として価値があるかもしれないが、頭の悪い男前は、男前としての価値を放棄したに等しいな。
つい先ほどまでまばゆい後光に包まれていた男前でも、一度バカを露見したが最後、カス扱いは免れないからなぁ。
男前はスマートでなくてはならないなぁ。

投稿: ELM | 2006年7月11日 (火) 01時04分

elm
ほんと、愚鈍は許せん。
会っても電話でも苛苛させられるからね。
逆に気が利く人はルックス関係なく評価高いわね。30過ぎて周囲に気配りできない人は見込みナシ、と最近とみに思う。
が、この青年、わたしが並んだのが運の尽きだったわね。お気の毒・・・

投稿: 美頓 | 2006年7月11日 (火) 10時33分

ふぅむふぅむ・・・

いくら見た目よくてもね。
考えようとしないのはNGだね~。

しかも、男でそれは・・・。

美頓さんの意見は厳しいが、
もっともですな~^^;

まぁ、彼がアメリカに行くかどうかまでは
不明でごわすがね 笑

投稿: has | 2006年7月11日 (火) 12時14分

has
ほんと、レジを見てる一瞬の間に白昼夢のように出てきたよ。
「自分探し」とか「オレはこんなとこにいる人間じゃないし」とかって、最近の馬鹿造が好んで使いそうなのでそれらへのオマージュも入っいるけどね・・・

投稿: 美頓 | 2006年7月11日 (火) 15時31分

おひさしぶりー!帰ってきたよーー!(ダラダラ病から。)


かっこよくてもさ、やっぱり気が利いて、その人の雰囲気や知性から生まれるかっこよさじゃないと、飽きちゃうよねー!(婿探しの教訓。)

投稿: SaiDi | 2006年7月11日 (火) 20時04分

saidi
おかえり~!!
思う存分ダラダラした?!

ほんとに、人の魅力って持って生まれたモノもあるけれど、やっぱり知性や仕草、話し方等持っている雰囲気総合のものだなと実感したよ。
むむ・・・わたしも気をつけねば・・・

投稿: 美頓 | 2006年7月13日 (木) 15時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/123837/2596837

この記事へのトラックバック一覧です: 美青年とピスタチオ:

» 「ザ・プロフェッショナル」 大前研一 [本から摂ろう!!人生のサプリメント]
一流になるための条件とは知的好奇心。大前研一著「ザ・プロフェッショナル」 の記事 [続きを読む]

受信: 2006年8月20日 (日) 08時16分

« デラシネの帰還 | トップページ | 夏のしっぽ »