« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

車に乗って非日常へ

♪なつなつなつなつ ここ~な~つ あ~いあいあいあいあ~ぃらんどぉ~

梅雨明けして、浮かれ気味の美頓です、こんばんは。

蝉の鳴き声が、クソ暑さに拍車を掛けています。

会社で昨夜の帰り、先輩二人と「結局夏祭りも行けなかったし、あたいらの夏は一体どこ行っちゃったのさ?!」という僻みっぽい話になり、なんとたまたま三人とも休み(ウチはシフト制なのであまり重なることがない)ということで、

「明日は(自主)慰安旅行じゃぁーーーー!!!!」

というわけで、朝8時出発で遠足に行ってきました。

2006_021 左(助手席):ハゲぞこないMさん
右(運転席):IBGP(国際青ヒゲチャンプ)Dさん
後部座席:クリキン美頓
の、三人で出発~

・・・で、テンションだけ無駄に上がって全く予定を立てていなかったのでマックにてるるぶを広げて作戦会議。

結果、鹿児島在住約10年にも関らず、殆ど観光経験がないという北海道産のMさんに「鹿児島を好きになってもらおうキャンペーン」と銘打って、
「南国気分満喫・南部絶景探し~海に山に今日は欲張っちゃうゾ☆ツアー」敢行。

まずは南国マルダシスポット・「長崎鼻パーキングガーデン」へ。
ここは、元々南国の植物を試験的に栽培する施設だったらしいですが、風光明媚な土地故に南国色を前面に打ち出した、県内では有名な(ややB級)スポット。
因みに、世界で初めて南国の動物やインコ等の放し飼いに成功した施設らしいです。
わたしは幼い頃たまに連れられて来ていました。
現在見ると、ちょっぴり老朽化が気になりますがまあまあの客入り。因みに入場料大人一人¥1,200ナリ。
2006_022

何故かMさんの手に股間を押し付ける思春期と思しきリスザル♂。


2006_023
おぉ!!!いたいた!!!これがここのシンボル的存在のインコです。
一羽づつ名前と性格が紹介されて親しみ易さを訴えてあるのですが、普通にコワイです

2006_025
必要以上に威嚇されました。



市内ですら30度を越える真夏日、ここは体感温度36度以上・・・
わたしは日傘持参だったので辛うじて持ちこたえました。だって、ひと夏の紫外線が取り返しのつかなくなるお年頃なんだモソ☆

受付で「11時からフラミンゴショーです」と案内されたので、急いで会場へ。
2006_027
地味だけど、背景が抜群に良いのと、飼育係の方の手旗信号みたいな動き一つで大勢のフラミンゴが移動する様は圧巻。
後ろでうるさい子連れの豚みたいなおばはんが、「何ぃ~?!あっけな~い!!せっかく見にきたのにぃ」と大きい声で吼えていて興ざめ。
豚おばはんよりはフラミンゴの方がずっと人に喜びを与えていると思います。


2006_029
ヤギの目って瞳がヨコになっていてちょっとコワイ
このヤギは何故だかわたしの日傘の柄をずーーっとしゃぶってました
その後他のヤギに角でどつかれていました。ヤギの世界も厳しいなぁ。


2006_032 会社の馬面Aさんに激似だったので「Aさ~ん!!!」と走っていったら、
ぶひひひひひひひ
と正面から鼻しぶきを浴びせられました。近っ。

動物ばかりではなく熱帯の植物もかなり植わっていたり、アマゾンの部族の生活用具だとか干し首のレプリカだとか(意味不明)あったり、B級スポットとしての楽しさも充分。望遠鏡も無料で景色を堪能出来るし、動物の芸レベルもかなり高いのでこの手の観光スポットとしては良心的だと思います。

2006_033
こちらの絶景ポイント、開聞岳。
・・・で、まだまだ見所はあるけれど予定がてんこもりなのでこの辺で切り上げて。

折角なので、長崎鼻の突端まで歩くことに(園内から道が繋がっている)。
2006_034
見下ろすと・・・火サス臭プンプンの崖がッ!!!
この写真撮影は、結構勇気が要りましたよ。


2006_036
あの突端を目指します!!!
スニーカーでよかった・・・


2006_042

途中の岩場。近場にもこんな楽園景色があるんですね~
素潜りしたかったのですが、車の所有者Dさんに「海に入った奴、乗車拒否」宣言されて敢え無く断念。そうでなくても実際は、素人考えで入ったら大怪我しそうな急流でしたが。

若干危ない目にも遭いましたが、ちょっとした冒険気分でかなり非日常気分が味わえました。片手に日傘で崖は流石にきつかったです・・・

かなり運動もしたし、お昼時。

「ここは当然、そうめん流しでしょーーーー!!!」
という訳で、開聞岳に程近い名所「唐船峡」にてお昼。
2006_043
渓流がすぐ側で、クーラー無しなのにかなり涼しい。
¥1,300の長寿定食(そうめん・鮎の塩焼き・おにぎり・コイコク)を。
感動的に美味。

お腹も満たされ、開聞岳近辺を暫くドライブしてイッシーで有名な池田湖へ。
・・・イッシー、いなかったんだね・・・。
池田近辺の寂れようは、昔を知る身としてはいささかショック。
辛うじて大うなぎは見てきました。
2006_045
遊覧船(というかボート)乗り場にいた大ウナギ。
横にいるのはニジマスで、餌なんだそうです。一つの水槽に5~6匹いました。むむむ・・・贅沢。

おじさんに執拗に遊覧船(というかボート)に乗るよう勧められるが、「イエイエ・・・わたしたち、何せ文無しなもので」とおじさんにとっては意味不明な言い訳をして逃げ帰りました。急な計画だったので、実際、我々の所持金はこの時点で約¥900程度。慌てて銀行を探すことに。

知覧市内に入り、無事銀行にも行って、Mさんリクエストの特攻平和祈念会館へ。
わたしは県外から友人が来る度に案内するので、もう何度目かわからない程だったけれど、いつも何かしらの発見や胸に迫るものがあるので、最もコースに入れたかった場所の一つでした。以前、おすすめスポットとしてご紹介しています。

お盆休み等もないので、恐らくこれが一番の夏の思い出になるのでは・・と三人で恐ろしい予測を立てながらも、かなり密度の濃い「遠足」でした。
何より、Mさんが「ちょっとだけ・・・鹿児島好きになった・・・かも」と言っていたのが収穫。

少し足を伸ばせば、都会では味わえない非日常がある。住んでいる場所なのに、鹿児島の魅力、再発見、の休日でした。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

ネーミングプリーズ

先日、久々に会ったcaoriから現在の黒髪・伸ばしっぱなしの髪型を「地味」と言われ、「そうかなぁ」と半信半疑で鏡を見たら、「昭和枯れすすき」を地で行く陰気な女がひとり。
これではいかん、地味どころか寧ろホラークイーンではないかと、早速美容院へ行ってきました。


美容師サソ「どうなさいますか??」
わたし「髪を染めずにゴージャスだけどナチュラルさを併せ持つ二面性ミステリアス風味で!!!」
美容師サソ「・・・了解。」→さすが、長年通っているだけあって理解が早いですね。

・・・実はYOUをイメージしていたのですが(小心者ゆえ美容室で芸能人の名前を出せない)、YOUというよりもクリスタルキングに近い感じになった美頓です、こんばんは。


わたしが学生の頃は、波に乗ら(れ)ないにも関らず乗れるふうな服装の「丘サーファー(丘サー)」がむやみやたらと街を徘徊していたものですが、近頃では踊ら(れ)ないのに踊れるふうな服装の俄かダンサーが所構わず出没して一般市民に視覚的迷惑を掛けているようです。

出来るだけ布地を使用しないよう苦心したと思われる、上半身は辛うじて乳だけ隠しているとか、短すぎてそれミニスカじゃなくてパンツ隠しでしょ?と思わずつっこみたくなる(若しくは目を背けたくなる)ある意味省エネルックな女子。

また、帽子(多くがキャップ斜めかぶり)の下にバンダナという町田康の「くっすん大黒」チャアミィを地で行くオサレセンスの男子(因みに服装は二人羽織用としか思えない幅の、生地をやたら使用した環境に優しくないタイプが多く見られる)。

クラブ風だけど多分クラブに行ってない。せいぜい鹿児島のすっぱいイベント(Dバーとかの)でフラフラとボウフラのような運動を踊りと解釈するような輩共に違いない。想像ですが。
そんな訳で、あいつらを「丘サー」ふうに命名したいのですが、なんと言ってやれば良いものやら。

①昼クラ(昼間なのにクラブ気取り)
②部員(熱心にクラブ活動しているようだから)
③やっぱりヤンチャー(雰囲気)
④裸族
⑤部淫
⑥自己中
⑦ホラッパー

・・・。だめだ。
さっぱり思いつかない。
④辺りから相当投げやりですし。
というわけで、良い案が浮かんだ方は是非ご一報ください。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます

梅雨のことですよ。
昨日から蝉も鳴きだして、漸く夏本番を迎える鹿児島。
今日、ウチの駐車場で見つけました。
2006_020




先日、ちらりと拝見したN○Kのど自慢大会。
出場者のアクの強さと素人ならではの向こう見ずな暴走が気になって気もそぞろなこの頃の美頓です、こんばんは。

mixiのプロフィールを見たら、「年齢:27歳」って勝手に更新されていて焦りました。
改めて書かれると自分の年齢に引きますね。
当初の人生設計では、とうに結婚してそろそろ3人目の出産に入る予定の年齢です。
一つも達成していませんね。かわいそうに、過去の(夢見がちな)わたし。


昨日は自分を励ます為、帰社途中に寄り道して
2006_019




激馬。
大好物のロッキーロードとチョコミントのダブルサンデー(チョコトッピング)を。
夏祭りとかいうわたしには無関係且つ不愉快な催事があるらしく、大渋滞や通行止めで車が動かなかったので、ここで報告書作って帰社♪
大体、平日に斯様な催しで通行止めを行い、マトモに働いてそんなモノに参加する余裕(精神的且つ時間的)がない一般市民の日常を邪魔するなんぞ不届き千万である。

夜は、出張で鹿児島入りしていたcaoriが泊まりに来て、誕生日を祝ってくれました(♛ฺܫ♛ฺ)
プレゼントは、わたしの望みどおりイビョンホン!!!!の、DVDコレクションBOX~
萌えーーーー
激しく萌えーーーー萌えつき症候群ーーーー

但し彼女としては、このような妄想幇助グッズを腐女子であるわたしに贈るということは、ある種引導を渡すことになるのではと危惧したようですが、全く其の通りです。がんばります。
引導渡しの儀式後、近所の行きつけ温泉「N湯」で12時まで語らって元気(と毒)を沢山貰いました。テキュー


そう言えば以前、当たると噂の占いに祖母に連れられた際、「あなたは27歳で運命の方にめぐり合います」と言われたので、それだけが楽しみで会う日と会う人猛禽類のような目で「コイツか~?コイツか~?!」と睨みつけていますが、こんな調子では当分その運命の人とやらにも巡り会えそうにありません。

そんな(可哀想な)日々を送っているわけですが、以前ブログでご紹介(というか被害報告)したKさんが最近やたらにアグレッシヴで困惑しているとかいないとか。
誕生日当日に「おめでとうコール」から始まって(職場で)、社交辞令かと思ってOKした食事の約束の日取りをいつにするか執拗に迫られています。

①不思議ちゃんぶって興味を殺ぐ。ex.「男の子はみぃんなオオカミさんだから、ふたりで会ったらダメなんだよォ~?」等。
②おニブさん作戦。ex.さりげなく「じゃ、他の社員の都合も聞いておきますね♪」
③承諾ナシに他人同伴で行く。しかも男性。
④タカビィ作戦。ex.「アタシぃ、一人一万以下のコースは食べられないからぁ」
⑤気分屋さん作戦。ex.「やっぱァ、ダイエット中だしィ、やめとく」

現在のところ、②が最も角が立たなかろうということで最有力です(自分会議で)。

こんな選り好みばっかりしているから、「いつも目覚めればひと~り~(song by中島みゆき)」。わかっているんです。

は~。
ほんとに現れるのか。望みは占い結果だけ、の27歳の幕開け。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

きょうの猫村さん

ペコちゃんの日本一のソックリサソの美頓のブログだょ☆★
街を歩けば子供たちからケーキや菓子をねだられるョ!!!指さされて笑われるしね!!!オマエを食っちゃうゾ★


ウソですけど。
少しばかり時代の流れに乗ってみました、すみません。
ペコちゃんに似ているという箇所だけは本当です。
他に誰か例えようがなかったのか。

さて、ペットを飼っている方は、一度は「こんなペットだったらいいのに・・・」と思ったことがあるのではないでしょうか。
「きょうの猫村さん」


猫を飼い始めてから知ったのですが、猫好きは独自のネットワークを持っており、猫関連の口コミがすぐに伝わってくるという仕組みがあるようです(ペットショップ、雑誌、本、漫画など)。
こちらは母の友人猫族Aさんのオススメで購入してみたところ、ツボにはまって現在一番のお気に入りです。

家政婦紹介所に「猫村 ねこ」という猫が「求人広告見ました」と尋ねて来るところから始まります。
当然、おかみさんは「ウチは求人は出したけれども猫を募集した覚えはない」と一蹴する訳ですが、猫村さんは就活学生の手本になるような自己アピール力で、見事紹介所に採用、そして名家・犬神家の家政婦の座をゲットするわけです。

因みにこの猫村さん、雇い主への忠誠心、家事、気配り等家政婦としては完璧なのですが、タテ結びしか出来ない・こたつに入ってしまうと睡魔に抗えない・極度の緊張やストレスに晒されると爪が剥がれるまで爪とぎしてしまう、といったところで「非霊長類の限界」を感じさせます。得意料理はネコムライス

一歩間違うと「お節介の前時代的な家政婦像を単純に猫に当てはめただけ」になってしまうところを、作者の抜群の観察力と独特の描線で静かな笑いが耐えない癖になる作品になっていると思います。

ウチの猫も猫村さんレベルまでは求めないから、宅配便受取りくらいしてくれたら・・・

2006_010_2






という飼い主の気持なんぞ知る由もなく、生まれて初めての大雨に興味津々の様子。鹿児島市内はそうでもなかったけれど、北薩地方はとんでもないことになっているようです。



・・・はっ!!!いっけない!!!
あと数分で誕生日を迎えることを思い出しました!!!!

オメデトウマイセルフ!!!!(幸せを自給自足で)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

ラテンに恋して

昨日の会議中に大音量で着メロが鳴り、「誰だようっかりさんめ」と苦笑いで見回してみたら、わたしの携帯が自信満々に「妖怪人間ベム」を演奏していました、すみません。

DESTINY

それから どこへ 行くにも

着飾ってたのに

どうしてなの

今日にかぎって

安いサンダルを履いてた

(中略)

結ばれぬかなしいDESTINY

今日は久々の休日で、洗車の予定だったけれど雨降りだったので「ヨシ、今日は気合を入れて怠けよう」と思い立ち、DVDなんぞを見ながら二度寝したり、歌を歌ったり落書きをしたり、26歳妙齢の女子として極めて不適切且つ「無益で怠惰な」午前中。を反省して正午頃にフェレズの小屋掃除を気合込めて掃除、ひと仕事終えてクシャミが止まらず「あ~今思い出したけどわたし動物アレルギーだったわ~」と言いながら鼻が詰まってブヒブヒ鳴らして遊んでいたところ。

♪やっみぃにかぁあくれってっいっきぃる
おれたちゃ よ~か~いにっん~げんなのさ♪

着信が。表示を見るとなななんと、約二ヶ月ぶりの絶滅危惧種Sさんからではないですか(彼についてはココへ)。

Sさん「お久しぶりです!!P社のSでございます!!!」

わたし「あらあらあら~オーッホホホホホホホ、Y社の美頓でございますぅ、ご無沙汰致しておりますブヒブヒ(自分のテンションの急上昇に思考力がついて行けず妙な喋り方に)。」

Sさん「実はお近くまでお伺いしたもので、お昼などご一緒にいかがかと思いましてご連絡させていただきました!!!!」

わたし「それはそれは、若しご一緒させて頂けましたらば愉快痛快なひと時になろうことは火を見るより明らか!!!つきましては何時頃おいでになられますデスカ(最早国籍すら不明)!!」

Sさん「それが急だったもので・・・あと10分程で到着しそうなのですが・・・」

わたし「それは無理です(きっぱり)」

Sさん「そうですよね・・・急に失礼致しました・・・」

わたし「イエイエ、今ちょっと遠くまで来ているものですから・・・ホホホホホ、またの機会に是非お誘いくださいね」

ウソです。

部屋でフェレットと遊びながらブヒブヒ鼻鳴らしてました。

だって化粧どころか顔も洗っていないし、多分姿形に構っていなさすぎてよく見たら毛穴の汚れどころかヒゲとか生えていそうなレベルだったんですもの。

かわいいとか不細工とか、若いとかおばはんとか以前の次元、というか寧ろおばはんというよりおっさんに近い感じだったと思う。黒髪ロングで最近は洗車焼けしちゃっているので、アレだよ、インディオのおっさんに限りなく近い感じだよ。

という訳で、イケメソには会えなかったので近頃話題の「情熱の貴公子」フアネス(このキャッチコピーもかなりアレだと思うが)でモエモエすることに。

たまたま耳にした曲が印象的だったのでCDを買ってみたらDVD付きでした。

この彼はライブ中に女性が下着を投げ入れることで有名らしいですね。知人に「フアネスが最近お気に入り」と話したところ、「美頓さんも好き(モノ)ですねぇ~」と意味ありげに言われて初めて知りましたよ。

う~ん。


正直、一見して「イケメソ好き好き病」のアンテナの反応はいまひとつ。

あの繋がったマユゲと、顔面の殆どの面積を占めるマユゲが気になって仕方ない(結局どちらにせよマユゲ)。アントニオバンデラスを筋肉ムキムキにした感じというか、杉本哲太を極限まで濃くした感じというか。ガタイ良すぎっていうか。体毛濃すぎっていうか。濃い顔の長髪はキツイというか。冬場、一緒に車に乗ったら窓が曇りそうっていうか
声は大好きです。力強くて哀愁の漂う、男性の色気を感じさせる声。

しかし世界のお姉さま方にあんなモノやこんなモノを投げさせるくらいですから、きっと実際にきちんと見たら、そのフェロモンぶりに毛穴中から血を噴出して死に様スプラッターになること請け合いですから、一度目は確かに若干警戒しながら見ましたがね。

という訳で、四回ほどじっくり見て、DVDの彼を見ての印象を段階的に挙げてみることに。

①わ~、スゴイまゆげだな~
②世界的に売れているという割にはPVの本人の服装のダサさは何か。
③あ~、その少年ぽい服装は似合ってる。
④短髪の方が似合ってる。
⑤瞳がグリーンなんだ。
⑥脚が長いんだ。
⑦あ・・・あれ?なんか胸板良くない?
萌え~。


あれあれ。どうしたことだ。既に③辺りから好きになっているよ。恐るべし情熱の貴公子。ブルーチーズが、臭いほどハマるのと同じ効果かも知れぬ。
でも・・・いくら何でも、ちちばんどは投げれぬなぁ。実用一辺倒だし。

貴公子にとっても、8頭身の美女お姉さまのブラジャーならともかく、平面面東洋腐女子のちちばんどなんぞ雑巾以下に違いない。

雑巾投げられたら、普通は不愉快でしょうからね。
自粛致します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏のしっぽ

今日の鹿児島は外気温36℃(車の外気温計調べ)。

体温です。

かかる炎天下にわざわざ外出する道理もなかろうとは思うのですが、如何せん社会人ですからそんなわけにも参りません。未だ蝉の襲来がないだけましと思いましょう。

2006_018 我家のネコもすっかりやる気をなくしてこの通り。

あ、そう言えばこのワンピースわたしのかつての一張羅なのですが・・・。

我家ではこうして一張羅が「肌触りが良さそう」との由でさらわれ、母の部屋着若しくは寝巻きへと進化を遂げます。

2006_015 車もオニヤンマに占拠されていました。

わざわざかような鉄板の上で休息するとは、流石見上げた根性と思わず感心してしまいました。

伊達に「オニ」の称号を掲げていないですね。

ところで、BOSSさまよりバトンが回ってきましたので、クソ暑さに思考能力が著しく落ちている今日には最適と早速飛びつかせて頂きます。

一つ目のバトンは以前受取ったもの(3月4日分)と重複しますので一部。

■回してくれた方の印象

お会いしたことはないので推測ですが・・・細やかで優しい方、面倒見が良い、少年ぽい、という印象です。かなり目上の方なのですが、遣り取りさせて頂く中でこちらが全くそれを意識しないので(失礼があったらごめんなさい)。

二つ目~

■告白する

中学の時に一度。あとは小心者なのでありません。

■告白される

あります。

■同性に告白される

ないですね。同性とは例え冗談でも手を繋ぐのも寄りかかられるのも嫌です。はっきり「アタシの肩に女は預けないわ?!」と拒否します。よってそのテの方に誤解されることはないと思います。

■片思いで告白して振られる

既述の通り小心者ですから。告白も儘なりません。すみません。

■付き合っていて振られる

ありません。きっと皆様気を使って、わたしから振る、という形にもっていってくださったものと感謝しています。テキュー!!!

■ラブレターを貰う

あります。殆どがお付き合いしている最中ですね。中々会えない時や誕生日の時など、たった一言でもとても嬉しかったような。メールや電話より手紙が好きです。

■ラブレターを書く

あります。上記の返信など。しかも果たし状形式の縦・墨書き等、バリエーションを付けて楽しんでいました。一般的に想像されるラブレターとは遠かった気がしますが。

■芸能人に恋

今だから言いますが・・・中学1年~3年はB'Zの稲葉浩志、高校一年の時はGLAYのTERUが本気で好きでした。ライブで来た時なんて、夜中まで機材用トラックに張り付くなどの奇行が目立ちました。

■キス

あります。(だんだん胃袋が痒くなってきました)

■駅のホームでキス

19やハタチの頃は、気持だけは海外セレヴでしたからね。あの頃の映像を客観的に見せられたら自殺すると思います。

■公園でキス

それは(そこまでは)普通では??

■人前のキス

あまり人目は気にしません。

■恋人と手をつないで歩く

ある意味キスより恥ずかしいです。間違いなく手の平が汗ばんでいます。そして其の事に気を取られてデートどころではありますまい。

■恋人とのプリクラをどこかに貼って過ごす

まず、二人でプリクラを撮りに行くことがないと思われます。

■話したこともない人を好きになる

ありません。あったら妄想族酋長ではないでしょうか。

■年上が好き

年齢によるボーダーは引かない主義です。

■年下が好き

同上

■外見重視

ある程度のパッケージデザインでなければ興味が沸かないことも事実です。でも基準がマニアックなので世間的な「メンクイ」とは全く意味が違うように思われます。

■最近結婚を意識

2年前に結婚してもいいかな、と思わず決断しかけました。危ない危ない(どっちが)。

■子供を産んだ

未体験ですが欲しいとは思います。外人の子を見る度に「あんな子なら産んでやってもいい、例え成長してバタ臭い顔になろうとも」と思いますが、そんな望みを持つうちは無理でしょうね。

■ダメな人を好きになりやすい

ありません。でも憂いのある人は好き。

■好きな人と温泉

好きな人としか行かないと思いますが。

■恋人と「結婚しようね」と約束する

「結婚」と言われると逃げたくなります。それだけ、真剣に考えられる人と出会っていないからかも。

■恋人とのメールは欠かさず

嬉しいけど、義務みたいになるのは嫌ですね。嬉しいことや楽しいことがあったときに「伝えたい」と相手の顔が浮かべば充分ではないでしょうか。

■嫉妬深い

顔には出ないらしいですが、負けず嫌いなので相当気にするでしょうね。

■二股以上した

あります。でも、後から考えるとそういう時は「どちらも好き」なようでいて「どちらもそんなに好きではない」ことが判りましたので同じ轍は踏まない、かも知れない。多分。

二股以上する時の理由、「相手の気持よりも自分が心地よく過す方が大事」でした。結局あまり楽しくもなかったような。

■実家に恋人を連れて行く

あります。

■好きでもない人と付き合っていた

ありません。

■ファンがいた

バイト先や前の職場で、「ファンです」と仰ってくださる奇特な方はいらっしゃいましたね。但し殆どが50歳以上の既婚男性だったので・・・。

・・・。

■バレンタインにチョコをあげる

実はチョコをあげたことは一度もありません。ここまで来ると意地です。

食事をフルコースで作ったり、服や小物等をプレゼントしたり自分なりに趣向を凝らしていたような記憶が(遠い)。

■バレンタインにチョコを貰う

お菓子作りの得意な子に貰ったり後輩の女子に貰ったりしていました。豚のように貪り食っていました。そこらの男子より喜んだと思います。

■恋人色に自分を染める

ありません。でも良い付き合いをしていれば「キレイになった」と言われるし、逆であれば「太った」「不細工になった」と言われるので影響は受けるんでしょうね。

■恋人との携帯はお揃いが基本

気にしません。

男性の方がこういったことにこだわるタイプが多いように思います。

■好きな人が居る

常に5~6人いてもおかしくない。

■恋人の親と食事

割と平気です。

■忘れられない人

良くも悪くもいます。

■友達の恋人を奪う

本気で好きだったら奪いますね。多分。

■恋は活力

しないよりはした方が良かろう、というくらいです。

最近の「恋愛至上主義」はあまり共感出来ませんね。

■お姫さまだっこ

好きです(即答)。

■ビックリプレゼント

贈り物はサプライズが好き。

「ビックリ」もプレゼントの一部だと思います。

ヒトシくん人形3個分くらいは一気に点数が上がりますね。

おわり~

案外長かったですね。

お付き合いありがとうございました。

恋愛系のバトンだと、殆どが「過去形」になる自分にゲンナリしました。

ファイト!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美青年とピスタチオ

一日の思考力の7割以上を携帯機種変更に費やしている今日この頃の美頓です。

N902P902の機能性はかなり満足できそう。海外で使えるし(滅多に行かないけど)。

N702のデザインも良い。

あぁ~でも、本命は断然SO902SOWP(防水仕様)も「お風呂でステキアプリライフ」を考えるとたまらない。しかし画素数が半分以下。「荷物は最小で」がポリシー故、デジカメより一台二役の携帯の方が使い勝手がいい。

色はどうしよう。やはり白か。しかしブルー×ブラウンの質感も予想以上の仕上り。車と合わせて赤という手もある。

さて、そろそろドコモの友人に連絡しようかしら。

しかし彼には「一年に一度やってくる携帯機種変したい病」の時にしか連絡しないので気が引けるような。これは結婚祝いの一つも持っていかねばならぬ。子供も生まれたそうなので、出産祝いがいいのか。

どちらにせよ勿論、お祝いは「祝いの赤」でよろしく(宣伝)。おいさん、芋が苦手でもいけますよ。まろやかですよ。そりゃもうこの味に負けないくらいまろやか穏やかな性格にお育ちのこと間違いない、この美頓さんが保証してあげます。けっこう毛だらけネコ灰だらけ、お尻の周りはク○だらけ、ってね。

イケナイ、あたしったらまた脱線してしまいましたわね。

昨日、母と夕食の買出しに行った時のこと。

来客の為、大量の食材を抱えてレジへ向かうと、中途半端に遅い時間帯であったにも関らず各レジに数組の客が。

こんな時はより萌え度の高い方へ。

レジ内には中年紳士と老年女性、そして21~22歳の長身よかにせが(鹿児島弁でイケメソ=よかにせ)。

そりゃぁ勿論よかにせですよ。おほほ。うふふ。ぐへへ。ククク・・・

レジを打つ手際も鮮やか、身長186センチ(推定)の爽やかよかにせさん。いかん、頬が緩んで不気味度が増しているぞ美頓。

そして我々の番。

・・・ん?

何か効率悪くないか美青年??

あれ、なんか適当に袋詰めしてない?!

見かねた母が「すみません袋頂けます?」と自分で詰め始める始末。

そう言われても「えぇ・・・?あ、はい」といかにも愚鈍。

この時点で、こやつに「よか」にせ等と持ち上げる必要性はなくなった。

いや、かようなキャパ狭量若造なんぞ「ニセ」で充分だ(ニセは漢字で青二才の二才)。

そこで何故か「このピスタチオ、おいくらかしら?」と尋ねる母。

何故購入してから聞く。

その不思議に迫り、様々に彼女の思考回路を予測していたわたし。

ところがこの俄かイケメソ、

「はぁ?・・・ピスタチオって何のことですかぁ?」

と吐かしやがったのである。

このたわけが。

いや、百歩譲って「ピスタチオを知らない」のは許そう。それは仕方がない。

しかし、見たところ今日明日入ってきた新人でもあるまいし、バイト先とはいえ勤務先の商品に何の興味も持たない知的好奇心の欠落、向上心の欠片もなき阿呆二才。

だいたい、あのヒロシでさえ「ピスタチオを食べていたらモテる」と思って殻のまま食し続けた程の探究心の持ち主だ。ヒロシの爪の垢でも煎じて飲むがいい。

若くて美形でも、気付きのない、好奇心のない、やる気のない死んだ魚野郎のことだから、周囲が就職内定を貰って喜ぶのを尻目に「オレの素晴らしさを判らない俄か会社なぞこちらからお断りだぜ」と嘯きながら何の努力もせずに街を無目的にぶらつくうちに愚連隊どもとつるむようになり、当然愚連隊の中でもトップになれず、じきに顎で使われる立場に嫌気がさして除隊。しかしその後も当然まともな職にはありつけず、ある日突然ギターも弾いたことがないのに「オレはやっぱ音楽で生きていくぜ」と言い出し、「馬鹿と天才は紙一重というが、あいつはやはりあっちサイドだぜ」と一族郎党から総スカン。親の脛も齧れなくなったので仕方なく始めたコンビニのバイトも、「学生時代にスーパーでバイトしてました」という経験を買われたものの新しいシステムに付いていけず、満足にレジも打てないので使い走りにしかならぬ。そしてある日、年下の店長からぞんざいな口を利かれたことに腹を立て、店長を殴って焦りの余り盗んだバイクで走り出し、指名手配。

小心者故の大胆な犯行であったにも関らず「やはりこの小せぇ国はオレには合わねぇぜ。本当の自分を探すんだ」と自己弁解の末、夢の国亜米利加へ。しかしかかるうすのろ馬鹿に現実は厳しく、亜米利加人に「自分探しに来たぜ」と打ち明けたところ指をさして爆笑しながら鏡を差し出される始末。しかし客観性のなさ故「オレって外人と打ち解けてる」と馬鹿馬鹿しい悦に入り、あれよあれよといいようにクスリ漬け。尻の毛まで抜かれた挙句に路上に廃棄されているのを大使館に保護され、母国へ戻るものの精神的にも肉体的にも極限状態の為、報道陣に向かって中指を立てながら「ファッキンライト!!!」と絶叫、日本国民の失笑を買う。目下、自分(記憶)探しの為強制入院中。

ここまで考えたところで、やっと会計。

ま、それくらい気付きのない人間の末路は哀れ、ってことで。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

デラシネの帰還

約一週間、根無し草のように大阪・神戸・倉敷・福山・福岡・佐賀へと放浪の旅に出ておりました。出張だけど。

三泊以上の出張はそろそろキツくなってきた美頓です、こんばんは。

低血圧(上が8090未満)の為、夏場は特にアレですよ。

8時を過ぎての商談はあからさまに適当ですよ。

老人のように様々な場所(新商品、サンプルの山、窓の桟、床その他)に腰掛けたがりますが、何しろ顔が真っ青で呂律も怪しくなっておりますので誰も触れません。触れたら屠リスト(HOF-LIST)行きだかんねこんちくしょう。

今回は新規取引先が殆どだったので、最初が肝心と気合を入れましたよ。

「人間は中身」だっていう人いるでしょ??

あれ、ウソですよ。今時、信じる人もいないでしょうがね。

とんだ法螺吹き野郎ですよ。それか就労経験者ナシの甘ちゃんか社会不適合者か誇大妄想家かただのアホです。

大体、中身だけで判断出来る人間なんぞほんの一握りだからこそ化粧品会社もアパレルも食品も菓子も流通するあらゆる物は新商品に移り変わっていくわけで。

パッケージが気に入らなければ、中身まで知ろうと思いませんからね。

人間は、第一印象(約30秒前後)で本能的に好き嫌いを判断するとかしないとか、何かで読んだような気がするとかしないとかです。第一印象とは即ち外見なわけでうんたらかんたら。

・・・で、様々に自分シミュレーションを行った結果、城崎仁をイメージした白パンツスーツに決定。

JRの駅で、街中で、人ごみで、目立つのなんのって。

深刻な方向音痴人にとっては、オサレ感よりも如何に目につくかが重要です。迎えに来てもらった時に、「イヤ~、美頓さんすぐ分かりましたよぉ~」って言われたら成功。

仕事は、色んな意味で大変でした。ハプニングにも見舞われたし。

というか仕事以外のことにもかなり振り回されましたが、思い出す度に不愉快千万なので割愛。切れそうになると、携帯mixi「お塩先生」コミュで癒されていましたよ。テンテイありがとね。あたい、もうちょっとだけがんばってみるアルヨ。

だから、皆様にもちょっとだけ見て貰おうね。でも、テンテイ自身のネタはキツ過ぎるから、テンテイのフォロアー(業界用語で塩チル)で勘弁してね。

DJ TAK

注:心臓の弱い方、卵でアレルギーの出る方、貧血、結核、及び妊娠中の方はご注意ください。体中の水分を持っていかれる恐れがあります。

辛いことばかりではなく、大阪・神戸といったらかつてのホーム。

初日はバスケ繋がりのelmと再会。

久しぶりなのに、mixiやブログで遣り取りしている所為か昨日も会ったような錯覚が。

というわけで、これらの現象を「mixiに拠る久々感の喪失」と名付けました。

小龍包が激馬の飲茶店にて。
2006_002_1

elmは勢い余って小龍包の汁を浴びまくり髪の毛がえらいことに。
「水も滴るなんとやら」と言って差し上げたい所ですが、滴っているのが中華出汁ではねぇ、ププッ。

二軒目はelmお気に入りのバーへ♪

どうやらスマートに連れて行きたかったらしいのですが、迷いに迷って到着。

彼女にスマートさなんぞ端から期待していなかったけれども

ここは、ジャズが流れて知る人ぞ知る風のステキ店。先日ご紹介した鹿児島のバー「Y」によく似ていたように思います。

お気に入りは、「モヒート」。

2006_001_1

ここのモヒートは、グラスいっぱいにミントの葉を入れて作るので清涼感溢れて超美味。


ここで、
elm美頓対談メイン「年齢表記をLEVEL
とする」宣言採択。

「あたし・・・今月で27歳なんだ」→火サスばりの追い詰められ感

「あたし・・・今月でレベル27なんだ」 →去年のあたしよりいやいやハタチのあたしより女っぷり上がってるでしょ?感(ソフトニキータ感)

これは断然レベルの方がいい!!!!と提案申し上げたのです。

さすれば高齢社会なんのその、ポジティブに年齢を、いやレベルを重ねられる訳ですよ。

少年A「ウチのばぁちゃん、今度78歳なんだ」 

少年B「ウチのばぁちゃん、今度でレベル83なんだ」

ほらね。

どちらが勝ちか火を見るより明らかではないですか。

二日目は学生時代の親友・Cちゃん宅へ。

彼女は学生時代のバスケチームで唯一既婚なのだけれど、この日は旦那様(もゼミが同じだったので友人の一人である)が東京出張の為に実家へ帰省していたので、学生時代にしょっちゅう転がりこんだ実家へお邪魔することに。しかしこの日は商談が長引き、Cちゃん宅到着は10時をとうに廻っておりました(迷惑な奴)。

けれど、このCちゃん宅は本当に温かいご家族で、田舎から出てきたわたしにご両親はじめ、美人三姉妹がいつも歓迎してくれ、「田舎者だとばれたら石を投げつけられるに違いない」と都会者を拒否していたわたしの氷のテリトリーを溶かしてくれた恩人でもあるので、この日も非常識な時間にも関らずご家族で歓待してくださいました(今回はお父様に会えず残念)。

Cちゃんとの出会いは、「大学の入学式でたまたま隣に座っていた」という大変ドラマティックなもので、あの時はよもやかような都会的美人と親友になれるなぞ思いもよらず、30前となった現在も変わらぬ交際を続けられるとは誠に人生是不思議であることよ、と思わしめてならないエピソードでございます。なんのこっちゃ。

このお家に出入りしていた頃、未だ小学生だった末の妹君Sちゃんが美しき女子大生に。向日葵のように明るい高校生だったAちゃんは立派な社会人に。ということは当時女子大生であった我々はところてんのように前方に押し出され、しまいには親に「娘が30前で」なんぞと笑えぬ紹介をされるレベルに。

わたし「イヤイヤイヤ、7年前のことなんて、人生の長さから言ったら昨日みたいなモノだからね?!」 

Cちゃん「ホンマやで、だって美頓もわたしもレベル20の時よりか今のがレベル高いて!絶対やで!!」(絶叫)

痛い。痛いよ。

レベル表記作戦失敗じゃないかと疑問を差し挟まざるを得ないよ。

ともあれ、自分が何者であれ受け入れてくれる友とは得難いと思った二晩。

最後に仕事中に出会ったウマイモノを。

上は神戸の激馬中華「牛ヒレ飯」

中・下は福山の小料理屋「K」での悶絶美味海鮮料理
2006_006

2006_010_1

2006_012_1






・・・で、夜は取引先の社長とカラオケのど自慢大会 
in 地元スナック~

先方は北島三郎、わたしは加藤登紀子で対決。

最後は皆で「琵琶湖周航歌」にて〆。

出張も、その土地ならではの楽しみを味わえるという点では悪くない、かも知れない。

| | コメント (5) | トラックバック (2)

鳥になって

「がんばれ がんばれ」
どこまで がんばればいいのか
いつまで がんばりつづけねばならぬのか

「がんばれ がんばれ」
あの子は りゅうがくしたんだって
あの子は だいきぎょうに入ったんだって
あの子はしかく をとったんだって
あの子は みんなにかわいがられているね

だから

「がんばれ がんばれ」
まるでこの世で唯一の免罪符のように
それだけが 生きるよすがのように

「がんばれ がんばれ」
ぜいたく をしたいとか
ひとから うらやまれたいなんて思わない

「がんばれ がんばれ」
わたしにしか できないことをみつけたい
どこかへ さりたくても
わたしとしてしか いきられないのだから

「がんばれ がんばれ」
ほら もうわたしには
ゆめをみる ひとみも
じゆうをつかむ うでも
まえにすすむ あしもないのに

「がんばれ がんばれ」
それでも いきていくしか ないんだから


はーーー。
なんだか疲れました。
大した仕事もしていないのに。
「やれば出来る」とか、「とにかく頑張れ」といった激励系は、元気な時には有難いのだけれど、相手の気持やタイミングを無視した励ましは、それはもう暴力にも似て。
何だか追い詰められるばかりで余計に落ち込むよね・・・という気持を表してみました。
caoriに会って、「必ず良い風向きになる日が来るよ」という一言でだいぶ楽になった。
で、夜に鰻を食べに行って、まだ大丈夫だと思った。
そんな一日。
明日から一週間ほど大阪・神戸・福山・福岡出張なので、夜は旧友と再会して元気を分けてもらってこようっと。
それでは、皆さん、ま~た来週。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »