トップページ | 2006年7月 »

恋する惑星

  • ラ○ンにのってる おんなのこは どこ いくのかなぁ?

  • あたりまえだけど あたりまえじゃない 

    がんばぁてるきみのこと ずっとみまもって あげるから きみのためのアル○

・・・。

黙れ。

最近の、女性向けコンパクトカーCMに虫唾が走る美頓です、こんばんは。

妄想代理人に於ける「マロミ」が象徴するところの「君はがんばってるんだから、それでいいんだよ」的な「救われたいがために作り上げた」偽物・虚飾のニオイがプンプンで息が詰まりそうです。うがー。

虫唾を走らせるばかりではなく、当然お気に入りもあるわけで。ぐふふ(不気味

今日は、最近のお気に入りを見せびらかしたいと思います。

その①2006_014

祖母の膝で寝ぼけているふうちゃん。肉球がタマリマセン。

ところでこの子、室内飼いなのにノミがいたんですけど(本日夕方判明)

その②2006_011

友人caoriの妹君・キミちゃんが働いている福岡のショップで衝動買いしたデニム。

最近、デニムは専らアバクロ(Abercrombie&Fitch)だったのですが、カッティングのキレイさと色落ち具合の良さ(写真では分かり辛いかも)に一目惚れしてしまいました・・・

周りからも大評判でお気に入りです。

さりげなくJOJO立ちを意識したつもりだったのですが、全くわかりませんね・・・

因みにこの時一緒に行った祖母は、ビルケンのサンダル&マリンテイストのカットソーに一目惚れして購入。

その③2006_016

これもキミちゃんのショップで。

柔らかくてとても質の良い革(家具屋の娘が言うから間違いない)で、手作りらしいシンプルで飽きの来ないデザイン。祖母も気に入って、色違いの赤を購入。

2006_017

中も、大容量でかなり使いやすい♪

サイフに物を沢山入れる(お金以外の)癖のあるわたしにはピッタリ。

中も革張り(グリーン)で、丁寧な作りです。

・・・というわけで、祖母共々大満足のお買い物でした~

キミちゃん、ありがとね!!

お気に入りが側にあると、「ちったぁがんばってやるか(仕事)」という気にもなれるとかなれないとかっていう噂ですから。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

リニューアルオープン。

CLUB 美頓」リニューアルオープン!!
通称活力門は、不具合が多いように思うので思い切って個々濾愚に引越しして来ました。
住み慣れた土地を離れ、正直不安もございます。
行き届かぬ点あるかと存じますが、何卒ご指導ご鞭撻の程宜しくお願い致します。
デザインが可愛過ぎていまひとつモノにできません・・・。
最近、心動かされたもの。
はーーー。
初めての歌舞伎鑑賞で、涙が出る程感激しましたよ。
最初の演目「熊谷陣屋」でホロリときていたら、近くから洟を啜る音が聞こえ、「うわ~スゴイ泣いちゃってるお人がいらっしゃるよォ・・・」と涙も引っ込んでいたら、隣の母でした
ラストサムライを見に行った時なんて、わたしがホロリと泣いていたら隣で泣きすぎで椅子が揺れていたよ、あの方は。
第一演目「熊谷陣屋」
中村橋之助が、勇ましい武士・熊谷役。女形のイメージが強かったが、キレのある動きといい見得を切る仕草の豪快さといい、見応えあり。今回、個人的にはこの演目が一番良かった(勘三郎は出ないけれど)。
第二演目「連獅子」
勘三郎登場。勘太郎は靭帯損傷で出られず、七之助と二人の親子獅子。狂いはたいへんな迫力。かっこいい。三人バージョンだったらもっと素晴しかっただろう・・・残念。
第三演目「人情噺文七元結」
新喜劇的な江戸噺。文七役は勘太郎の代役で七之助。女房役の扇雀が抜群に上手い。でも大貧乏で長屋暮らしという設定故、すっぴんなので顔はまるっきりおっさん。娘「お久」役の中村芝のぶは、声といい姿といい、客席もざわつくほど本物の少女のようだった。粋を愛する江戸っ子の不器用な温かさがよく伝わって、楽しい演目。
あ~~~こんなに面白いなんて!!!!
でも鑑賞料2万円ナリ・・・ご祝儀貧乏サラリーマンのわたしには中々自腹で出せる金額ではございません。
講演時間約5時間(含休憩時間)を考えると、そう高くもないかもですが。
今まで演劇は割りと好きだったのでそこそこの舞台を見てきましたが、個人的には歌舞伎が一番感動しました。
(一緒に行った方は「やっぱり劇団○季が一番」と仰っていたので、人それぞれでしょうが)
無駄を省き、表情や物言いをかなりデフォルメしてあるので、「ナマっぽさ」「リアリティ」の追求ではなく。
台詞や動きも、完全な様式美でありながら「人間にしかできない」瑞々しさや情熱を感じました。様式美だからこそ喜怒哀楽が強調されているような。
難しそうと思って敬遠していましたが、テーマがシンプルで普遍的なので、初心者でも全然問題ナシ(でもイヤフォンガイドはあった方がいいと思う)。
20代~高齢者まで、客層の幅広さに驚きました。
初歌舞伎で、ハマってしまいそうです。
わたしの歌舞伎物真似はかなり上手いらしく、祖母が爆笑しておりました。何の役にも立たない特技ですが、人を笑わせられるならば本望・・・かなぁ。
来場客の着物姿も楽しかった♪上等の長羽織なんて、普段中々見られませんもの。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年7月 »